キングダムカムデリバランスをやってみた 28  悪魔との取引 ワルド―教徒

キングダムカムデリバランス
Kingdom Come: Deliverance_20190923190340

1 ウージッツは変なイベントの宝庫

次のメインはいろいろと物事が変わるので、その前にサイドクエストを。

ウージッツのクエスト二件です。

ゴドウィン神父の根城があるウージッツはいろいろとあれな、イベントが多いです。さすがゴドウィン神父。彼の影響力は村の隅々まで及んでいます。

別にやらなくても話は進むメインクエストが多いのですけどね。ついつい来てしまいます。

2 悪魔との取引

あまり迷うことなく進めることができるクエストです。迷うことはないけれど、心がどこか別の世界にさまよいそうなイベントです。

ゴドウィン神父から村の女性たちと村はずれに住む薬草師が怪しげなことをしているので調べてきてほしいという依頼を受けたヘンリー君、早速聞き込みに行きます。クエストジャーナル通りに進めば、ほぼ一本道なので迷うこともなく、ゴドウィン神父とは別の意味で愉しい一夜をおくれる話でした。後味は悪いですが。

うーむ、馬と鶏と豚です。後ろに回るとロックピック・・・18禁ですね

ヘンリー君、薬物事案の潜入捜査のはずが自ら薬にはまるという感じでしょうか。

これ、ゴドウィン神父が教区司祭だったからうまくもみ消してくれそうだけれど、下手したらヘンリー君もろともみんな火あぶりに会ってしまう事案だよね。違法薬物は現代でも違法ですが、この時代は下手したら死刑だよ、それも火あぶり。

奥様方、人の気持ちはよーくわかりますが、ラリッてはいけません。ヘンリー君もノリノリでロックピックとかするなよ。

3 ワルド―教徒

これもまた、別の意味で濃いイベントでした。異端審問がらみの話です。

こちらはわけのわからない謎解きをしなければならないちょっと癖のある話です。それも、異端審問官の手先をしながら、ゴドウィン神父とハヌシュ卿のお願いも聞き届けなければならないというなかなかにバランスがむつかしい。

クエストの依頼はラッタイのハヌシュ卿から。

ウージッツの村に異端狩りの司祭がやってきた。でも、ひょっとしたら、このあたりの領地にいちゃもんをつけに来た誰かの手先かもしれない。ので、追い払ってきて、ヘンリー君。相変わらず貴族様たちは下っ端に無茶ぶりをしてきます。007じゃないんだから、変な依頼は入れないでほしいです。

ウージッツの村に行くと二人の護衛に囲まれた審問官が。ゴドウィン神父のお家を占拠していました。かわいそうな、ゴドウィン神父、ヘンリー君たちと羽目を外した鐘楼で寝泊まりをしています。サバトイベントで、どうしてこんなところにいるんだと思ったら、家を追い出されていたんだね。

審問官はガチな人で、ワルド―教徒という異端の派閥の人から聞き出した供述をもとに異端者を探しに来ていたのでした。聞き出したって、あんた、もっとまともな聞き出し方をしろよ。供述が幻想小説と化しています。

ちなみに、強制による自白はあまり信用がないらしいです。FBIの人が本に書いていました。最近ではじっくりと時間をかけて、お友達になってから聞き出すほうがいいとされているらしいです。手っ取り早いからといって暴力に訴えるのはどうなんだか。

それはともかく、その幻想小説をもとにワルド―教徒たちの居場所を探すという難関クイズです。これ、日本語訳がなく、英語版だったら投げていたかもしれない。ラファエルがどうのとか、リヴァイアサンとか、もう、なんと言ったらいいのか。聖書になじみがある文化圏の人には理解できるかもしれませんが、そんな知識は知らないんだよぉ。

とりあえず、ウージッツの地図とにらめっこをして場所を探します。馬にまたがって、レッツゴーです。

リヴァイアサンは見つかりませんでした。湖でお昼寝でもしていたのかな?

何とか発見することができました。もう、なんと言ったらいいのか。こじつけがましいです。よく、ここまでわけのわからない供述が取れたものです。ゲームの中だからいいのだけれどね。現実ではお手上げだろう。正直、ご飯の食べられるキャンプがここだけしかなかったので、ここを目指すようにして歩いてみました。村の地図を見てこの辺りじゃないかと目星をつけて、行ってみたほうが早いかもしれないです。

そこで見た十字架を手にゴドウィン神父を訪ねます。彼が、その十字架の持ち主を教えてくれるのです。でも、極力血が流れないようにしたいとお願いしてきます。うん。そうだよね。異端審問官たちに引き渡したら、新しい幻想小説がまた生まれそうだものね。

その十字架の持ち主が果たしてその異端者たちなのか。こっそりと屋根裏に上って偵察です。カトリックの知識を知らない日本人には、どこがカトリックと違うのか、どこが異端なのかさっぱりわかりません。南無阿弥陀仏と何妙法蓮華経くらいの違いがあるのかな。女が司祭をつかさどっているとまずいのでしょうか。でも、女子修道院とかあるよね。謎だ。

うーん、普通の晩餐の風景にしか見えませんけれど。

ヘンリー君とゴドウィン神父が納得しているようなので、彼らは異端者ということにして、次は逃げるように説得です。

奥さん、逃げずに信仰の告白をするとか言い出しています。それって、死亡フラグ。自ら鍋に飛び込むカモみたいなものです。必死の説得の結果、彼らは逃げることを選択。ここでようやく異端審問官に、異端者を見つけた旨の報告をします。お前らに獲物を渡してたまるかよ、という心境です。でも穏便に立ち去ってもらわないとね。

異端者が逃げたということで、よそ者司祭さんはどこかへ旅立っていきました。使命があるっていいね。二度と戻ってこないでください。

彼らがいなくなってハヌシュ卿は大喜び、でも異端者がいたということにびっくりしています。これから20年もしないうちにフス戦争が始まるんだよね。フス派は異端認定されていたと思うから、周り中異端者だらけになる予定なのですが。この人たちはいったいどういう立場に立ったのだろうか。

いろいろと考えさせられるイベントでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました